土地無しで発電事業が可能|失敗事例から学ぶアパート経営|勝ち組として名を馳せよう

失敗事例から学ぶアパート経営|勝ち組として名を馳せよう

メンズ

土地無しで発電事業が可能

マンション

土地なしでも事業参加可能

太陽光発電に関する事業をスタートするには発電システムをセッティングするための非常に大きな屋根であるとか、広めの土地が要されると考えられており、そうしたものを持っていない人は発電事業は困難だと想定されていました。しかしながら、土地付き太陽光発電においては、発電システムをもうすでに整備した土地を、賃貸あるいは分譲によって受け取れるというメソッドのため、巨大な土地や屋根が一切無い人や会社でも発電事業にエントリーできるようになりました。それらの他も、発電所建設、あるいは電力会社に対しての土地付き太陽光発電での契約の取り交わしといったこともありとあらゆるものを行ってくれることから、運転資金さえあれば容易に参加できます。

注意すべきポイント

注意すべき点として、太陽光発電全てにいってもよい事ですが、パネルは外部に出ていることにより、絶えず雪や、台風それから、落雷といった自然の災害の危険を伴います。その他に外に晒されている危険性としまして飛来物もあると言えます。土地付き太陽光発電は、販売業者が太陽光の発電に見合った土地を選び出しているはずですから、現実問題として豪雪地帯に対する建設はないとしても、台風の進路までは予見できないので、ダメージを受けることも考えられます。加えて、土地付き太陽光発電はマンションの投資と同じ様な空室危険性はないと言えますが、発電する量が下降する危険を伴います。現実的に言いますと、経年劣化によって、毎年発電量がダウンするとされていますので、定期的にメンテナンス費用がかかるということを心得ておきましょう。